FC2ブログ

チャネリング Sophia

ソフィアは、新しい女性性エネルギーとして生まれました。シンプルで、且つ、深いメッセージです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Step1: The New Stillness(2)

ステップ1: 新しい静寂 (2)


新しい静寂1



この静寂は、まるで透き通った、深い湖のようです。
その湖の水は、冷たくなく暖かく、硬くなく柔らかく。
湖の水の中を通して、無空へ落ちることなどはありえません。
その代わりに、この湖の水が、とてもやさしく安全にあなたを包みます。
そして今日、この静けさの水を感じ、実感、体感して頂くために、
ご招待しています。
一体わたしは、この静寂の中にどれぐらい深く沈みたいのだろう?
身体、呼吸、私のすべては、この静けさの中へどこまで到着したいのだろう?
何かをすることでは、ありません。
もがき奮闘し、何かを立証することでは、ありません。
外側に何かを生産するのではありません。
人工的な状態や、外側に静けさを作ることではないのです。
マインドによる静けさ、メンタル的な堅い、冷たいものを生み出すのでもありません。

今日あなたは、愛に満ちた静寂に招待されています。
その愛に溢れた静寂を実感し、感じて下さい。
ここ、あなたの中の深いところに、温かな、守られた安全な静寂の湖はあります。
この静けさが、あなたを待っています。
あなたの奮闘の最後に辿り着くのを、あなたが奮闘を止め、
自分自身を撃破することを止めることを待っています。
この静寂は、あなたが奮闘や追究にあきるまで、あなたを待っています。
この静寂は、あなたがこの招待状を受け取ってもらえることを待っているのです。

あなたが追究や奮闘で忙しい間はずっと、
つまり、あなたのホーム、あなたの魂に帰るために、自己を犠牲にさせ続ける間、
あるいは、たとえ幾人かの人々が考えておられる、神と共に統合することや、
カルマの解消をすること、すべてと1つになろうとする事であったとしても。
あなたの人生を通して捜してきたことが何であれ、
そのすべての期間、あなたの中でひっそりと、この沈黙の招待状はあったのです。
この非常な理由のために、
この静かな沈黙の招待状のことは、あなたには聞こえませんでした。
とても静かで、とても優しく、ただあなたの中であなたを待っていました。
何度も何度もあなたを招待しながら。

この静寂の中へ、沈み降りることを自己へ赦し、この静寂を感じはじめて下さい。
この静寂が身体に触れた時、どのように感じますか?
あなたの呼吸の中へこの静けさが流れるにまかせる時、どのように感じますか?
この静寂が身体を満たす時、
この静寂があなたの存在すべてに触れるままにさせる時、
どのように感じますか?
もしまだ問題があり、恐れや心配があり、
自己に大きな期待がある部分たちを、
静寂の中に沈み降りることを赦した時、何が起こっていますか?
厳しい古い関係、曲げられた激痛に、別れを告げることを赦したら、どうなりますか?

新しい道は、あなたが何かを与えなくてはならないのではなく、
あなたが受け取ることを学ぶことだとすれば、どうですか?
新しい道は、何かをしなければならないことでなく、
人生にもっと物事があることを赦すことを学ぶとすれば、どうですか?
新しい道が、カオス、奮闘、緊張でなく、
あなたへ優しく、愛に満ちた癒しを感じる道だったら、どうでしょうか?
新しい道は、間仕切りの境界を引くものでなく、
統合させるものだったら、どうでしょう?
人と魂を結ぶもの、魂と身体をともに流れるもの、女性性と男性生を統合するもの。
影と光、冷たさと暖かさ、硬いものと柔らかいもののへ両方への流れるものです。
そして、孤独な空っぽな人間から、自己の魂の愛の海へとで流れ出ます。

その静寂の中で、新しい道は始まります。
これが始めのステップです。
幾人かの皆さんは、すでにお気づきですね。
この道は、全ての人々に当てはまるものではないと言うことを。
この静寂は、内側で待っています。
激的な揺さぶられることを超えた所で待っています。
この静寂は、ただそこにあります。
あなたの全てのサイン1つ1つを待っています。
始めて実感した時は、なんという贈り物なのかと思われるでしょう。
あなたの中の世界が開らかれると感じる、始めての時となるでしょう。
あなたが封印したそれら全ての扉が、溶けて柔らかくなります。
自己の痛み、憎しみ、自己の追究の中で氷ついていた全ての部分は、
あなたの部分へと戻り、あなたというの存在の全ての部分になります。

この道は、私ソフィアが新しいレベルへと開いたものです。
2元性のレベルではありません。マインドのレベルではありません。
私たちが活動している魂のレベルです。
このレベルは、とても長い間忘れ去られていました。
あなたの人生、身体の目立たないところへと、しぼませていたものです。
そして、静寂がその鍵になります。
静寂は、ふたたび自己の魂に近づく為の、はじめのステップなのです。

私ソフィアは、この静寂を感じるようご招待しています。
その静寂を呼吸し、感じ、観察してください。
この静寂にどれぐらい深く沈み降りることができますか?
私ソフィアはこのように感じるようお誘いします。
この静寂が鍵です。すべての皆さんが今から入ろうとする扉の鍵。
その沈黙です。新しいことを発見するため、再びあなたの中の静寂を愛するために。
再び感じ、再び呼吸し、再びあなたの人生の一部になることを赦(ゆる)します。
マインドは、本当にこの全ての意味を知りません。
待つことができない短気な追究者であるあなたの部分は、
新しい劇的なドラマティックなことへ、新しい冒険、新しい別れのゲームへ、
あらゆるものへ、あなたを導きたいのです。
その部分のあなたは、静寂が好きではありません。
この静寂は、あなたの中の劇的なドラマティックな部分には、
食べ物を何1つ与えないことが、わかりますね。
この静寂は、痛み、怒り、
もうコリゴリに感じているすべての感情を支えることはしません。
憎しみ、悲しみ、孤独や、すべての境界を作るためのスペースはありません。
この静寂の中では、どこにもそれらのスペースはありません。

この静寂は、愛の中へ深く潜る始まりの部分です。
境界はなく、痛みもなく、疑いのない愛です。
でも、この招待状である次のステップが好きではない、
いくつかのあなたの部分たちも、貴重な存在なのです。
あなたと一緒に小さなゲームする願いを持っている部分たちのことです。
正に、その部分が現れる時が来ました。
その部分たちは、長い人生で演じてきました。
「そんな愛を感じ、受け取るに値していないじゃないか。」と言い、
あなたを導きます。
何度も何度も、新しい失望の中へ、それを信じるようにと。
「ほら見てご覧。あなたのための物なんてありはしないさ。
分かるだろう、周囲の人と比べたら、貧しいし、弱いし、
全く価値なんてないんだよ。」
その部分たちは、愛の静寂が好きではありません。
そして、なんと実に、彼らはあなたがこの静けさの中に、
身を沈めさせることが出来ることを知っています。
それによって、その部分たちのスペースが、
より少なくなっていくことも知っています。
この愛に溢れた、暖かい静けさには、苦しみ、無価値感、失望、
そして長い間続けてきたあなたとゲームをする、スペースはないのです。

この静寂の中には、彼らの居場所がありません。
この認識によって、あなたの中にあるその部分たち全てを浮上させます。
あなたの恐れの部分たちは、いつも恐れることが好きなのです。
一番悪いところ、一番恐ろしいところを、いたるところで見いだします。
攻撃されること、不正に扱われること、抑圧させられること、
虐待されることを、いたるところで期待しています。
この恐れの部分には、この静寂というものが殆どありません。
この静けさを楽しむことが出来ません。
この静けさは、演じたり、遊んだりする習慣のゲームとは相性が合いません。

あなたの中にある、いつも激怒している部分も同じです。
その部分たちは、お皿を投げつけ、叫び、他人を屈辱し、
パニックになるチャンスを見逃しません。
そして、実は大部分が自分自身を傷つけているのです。
この怒りの部分は、あなたの中のこの静寂を全くみつけたことがありません。
この怒りの部分は、あなたがこの静けさを感じようとすることについて、
激怒しています。
この部分は、あなたが静けさをとても楽しんでいることにイライラします。
この愛、あなたの中のやさしい静けさの中で、深い満足を感じることを。

お分かりですね。
あなたは、自己の魂の招待状を受け取ることができる、はじめの部分です。
あなたが、この静けさの中を潜り、実感することができ、
それを感じ、理解できることのできるはじめの部分です。
この静けさの中に沈むことを自己へ赦す初めの部分なのです。
まるで無邪気な子供、遊びに夢中で、何にでも興味を示す子供のようです。
この愛の中で、この安全の中で、
これは、ただあなたのためにあります。

あなたの他の部分たちが、
魂の招待状をまだ受け取っていなくても、全く問題ではありません。
彼らは、まだ良いニュースを聞いていません。
あなたが聞いた良いニュースを聞いていないのです。
そのニュースとは、自己の中に静けさがあること、この暖かさがあること、
この安全さがあること、自分のための愛があるということです。

****



つづく





ステップ1:新しい静寂 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<Step1: The New Stillness | ホーム | Step1: The New Stillness(3)>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。